収益不動産の体験談をまとめてみた

平成に入りデフレが長く続き最近ではマイナス金利という言葉が新聞紙面を飾っています。
地価も右肩下りが続き評価損が経済活動の活性化を阻害した期間も長く続きましたが、最近に入りやっと地価にも底入れの機運が出てきました。といってもそれもマダラ模様で地価の格差は広がってきているのが実情です。

資産運用を心がけている方々もポートフォリオの構築には苦心しているのではないかと思います。しかしこのような超低金利で地価の底打ちが見えてきた現状こそ、資産ポートフォリオに実物不動産の組み入れを行うチャンスであると言えます。

東京港区に本社を置く不動産会社のベストランド株式会社が運営するサイトマイランドでは様々な不動産物件を見ることが出来ます。このマイランドでは中古の不動産物件が主に紹介されています。そしてこのサイトの面白いところは地域、物件基本状況、価格といった情報と並んで収益率が分かるところです。つまり金融商品でいうところの年利何パーセントという情報が出ているということです。もちろん利回りから検索をかけることも可能です。
これで検索をかければあなたがいくら投資してリターンがどれぐらい期待できるかが一目瞭然となっています。ただしマイランド内にはリスクに関する説明もされているので高収益物件に手を出される場合は冷静沈着な観察力と、最終結論は自己責任になるという理解が必要にはなります。

マイランドを使って投資を行なった成功体験談も一部紹介されています。
ある人は老後の蓄えの一環として愛知県名古屋市で収益物件への投資を始めました。賃料毎月6万円で管理費1万円の物件を購入し実質利回り8.0%を確保しています。公的年金と掛けあわせれば老後の資金として大きな保証となります。
またある人は資産形成の観点から不動産の勉強を始め、自分自身の目で納得のできる物件を購入しました。賃料毎月10万円で管理費が1.25万円の物件を手に入れ実質配当利回り10.0%を確保しました。この方はまだお若いのでこれをテコにさらなる収益物件投資への拡大を行うことも可能でしょう。
別の方は40代から収益物件への投資を重ね52歳になった今では複数の収益物件を都内を中心に所有するようになりました。分散投資と割安物件の見極めが成功の秘訣だと語っています。

収益物件への投資はリスクが大きく難しいとお考えになる人が多いと思いますが、多くの成功者が存在することも確かな事です。