資産運用Q&A

中古不動産のプロフェッショナルとも言えるマイランドは、サイト上に様々なコーナーを用意しています。
これらを見ることで、不動産の知識があまりない人であっても十分に知識を付けることができ、賢く中古不動産投資に臨むことができますし、資産運用のコツを身に着けられるでしょう。

実際問題不動産投資に興味を抱いているもののあまり詳しく知らない、というケースも多々あり、それが原因で何らかのトラブルに発展することもあります。
しかしそれでは安心して中古不動産による資産運用を行うことが難しいので、マイランドはQ&Aのコーナーを設けています。

中古不動産と新築物件の最も大きな違いといえば、築年数の問題です。
「一般的に築年数が浅い方が魅力があるとされていますが、不動産投資を検討している人はどう考えるべきなのでしょうか?」
マイランドの「中古不動産で資産運用 Q&A」のコーナーでは、仮に築年数がある程度経過していたとしても、物件自体が持つスペックが優れていれば、何も問題がないとしています。
当然築年数が長くなると価格は安いので、中古不動産による資産運用を行いたい人にとっては安く購入できるチャンスでもあります。
投資の基本でもあるのが、かかるコストを最大限小さくするというもので、中古不動産投資であればまさにこれが可能になるわけです。
ですが注意したいこともあり、優秀なスペックを誇っておらず誰も入居したいと思わない物件であれば、購入すべきではありません。
築年数が経過している物件であっても、物件自体のスペックが優れていて価格が安いとお得ということです。

そしてもう一つ、中古不動産の資産運用を行う際に意識しておきたいのが、デメリットです。
「デメリットはあるのでしょうか?」
こういった際にはどうしてもメリットばかり見てしまいがちですが、デメリットにも目を向けることで質の高い投資が行えます。

マイランドで購入できる物件はテナント付きの不動産ですから、購入する前に実際に中を自分の目で確かめることができないようです。
こういったケースだと安心して不動産物件を購入しづらい…というのが本音でしょう。
ただマイランドは物件を仕入れる際に吟味して仕入れていますから、中古不動産投資を検討している人が買う物件は安心できるものだと考えても良さそうです。
マイランドは非常に優秀で信頼されていますからね。

築年数とデメリットに関するQ&Aの紹介をしましたが、公式サイトには他にもいろいろなQ&A情報が掲載されています。