収益不動産の知識

近年は不動産投資が活況を帯びています。
サラリーマン大家、という言葉も比較的メジャーになり、会社員の方が物件を購入し、賃貸収入を得るようなケースも珍しくはなくなりました。
また、団塊世代の方が退職後、老後の年金を補填する目的や、生活費の一部を補填する目的でアパート・マンション経営することもあります。
いずれにしても、不動産投資は魅力的な資産運用の方法と言えるでしょう。

しかし、不動産投資はリスクもあるのが欠点です。
特にローンや管理・修繕費の存在が非常にやっかいであり、空室のリスクにも備える必要があります。
不動産投資は長期間安定した収入を得ることが目的ですが、これらの費用が重くのしかかり、逆に赤字となってしまう場合があるのです。
安易に不動産投資を始め、収益力の低い物件や需要の少ない物件を選ぶと、このような事態に陥る可能性が高まります。

不動産投資で少しでも安定した利益を得るためには、収益不動産が欠かせないと言えるでしょう。
収益不動産による資産運用は、長期に渡って様々なメリットをもたらしてくれます。

特に大きいのは、安定した家賃収入を得やすい点です。
老後の収入はもちろん、一種の不労所得としての運用も視野に入ります。
様々なリスクを事前に想定しなければいけませんが、一般物件よりも安定収入を得やすいと言えます。

また、節税効果の大きさも魅力となっています。
不動産は様々な経費や減価償却費を所得から差し引けるため、所得税や住民税などの負担軽減に最適です。
また、不動産は資産と見なされますので、相続時には相続税の負担軽減もできます。

そして中古不動産であれば、初期投資額を抑えつつ、高い利回りを期待できます。
新築物件のような価値はありませんが、価格の下落リスクは低い一方、高い利回りで運用可能です。
古い物件は維持管理・工事費用が高くなる欠点がありますが、状態の良い物件を選べば問題はありません。
リスクを抑えて運用したい方は、中古不動産も検討してみると良いでしょう。

不動産で安定した利回りを得るためには、収益不動産が必要不可欠です。
しかし、収益を得られる不動産は限られていますので、優良物件を扱う不動産業者で探すことが望ましいでしょう。
物件を探す際におすすめの業者はマイランドです。
主に中古の物件を取り扱っており、個々のニーズに応じた様々な収益物件が揃っています。
優良な物件・収益不動産が気になる方は、一度マイランドで探してみてはいかがでしょうか。