不安解消?!「グッド中古!」の安全性・資産性

一般的に中古物件が不動産市場で喜ばれない理由の一つに、安全性への不安があげられます。
中古物件ということは、自分が入居する前に入居していた人がいるということですから、築年数による老朽化や、前入居者による損壊などのリスクを気にされる方がいます。
また、耐震基準や建築基準法なども変わってきており、建築当時は基準に適合していたものも、今では既存不適格になっている場合もあります。
そうした場合は、今住んでいる分には良くても、大規模修繕や改築の許可が下りないということもあります。
そのため、中古物件を敬遠する人もいるのです。

そんな中古物件ですが、マイランドが販売している中古物件の場合はその心配は限りなく少ないといっていいでしょう。
なぜならば、マイランドは中古物件をただ仲介しているのではなく、自社物件として買い取り、きちんと整備したうえで販売しているからです。
マイランドには、自社で購入した中古物件をチェックし、整備するプロがいます。
アスベストを使用しているか、外壁のダメージなど建築物そのものの特徴はもちろんのこと、近隣問題など、快適な住環境に欠かせないソフト面についてもしっかりとチェックしています。
そのため、中古物件だったとしても、安心して入居することができるのです。

また、将来的に持ち家を賃貸物件として貸し出したり、売却することを考えている人もいるでしょう。
そんな時気になるのは、入居してから数年後の資産価値です。
どんなに自分自身にとって住みやすい家であったとしても、結果的に市場で評価されなければ売却時に高値で売ることはできませんし、家賃も高くは望めません。
そんな観点から言うと、マイランドの物件はどうなのでしょうか?
「購入時にかかったコスト」と「売却時に得られる利益」との比較であえてコストパフォーマンスを算出するならば、マイランドの中古物件は非常に安定しているといってもいいでしょう。
たしかに新築物件は新築時の価値は高いものの、いったん人の手に渡ってしまうと極端にその価値が下がってしまいます。
そうすると、購入時にかかったコストをペイできなくなってしまうのです。
しかし、中古物件であればすでに購入時にかかるコストを低く抑えることができるので、その後もあまり資産価値が低減することなく、売却時にもある程度の金額を見込むことができます。
このように、住む上での安心性や、将来の資産性を考えてもマイランドの中古物件は良い選択肢なのです。