なぜ今、中古で収益不動産なのか

収益不動産とは、高い利回りや安定した家賃収入を期待できる物件を指します。
不動産投資では、いかにリスクを低減し、かつ高利回りを実現するかを考えなくてはいけません。
収益不動産はこのような不動産投資のリスクを低減し、かつ高利回りを実現できる可能性が高い点が魅力です。

一般に収益不動産と言えば、新築物件を指す場合が多くなっています。
新築物件は新築という付加価値から、入居率が高いだけでなく、周辺物件よりも高い家賃を設定し、高利回りを実現することも不可能ではありません。
一方で、ローンが利回りを圧迫したり、立地によっては空室率が高くなるなど、リスクの大きさも考慮しなくてはいけないのです。
入念に準備をしなければ、初年度から赤字が続き、最悪売却する羽目になることもあります。

新築物件はリスクが高く、長期間安定した利回りを得られる立地は非常に限られます。
このため、リスクを低減しつつ不動産投資をするなら、中古物件を検討してみてはいかがでしょうか。

中古の不動産の中にも、安定した利回りを実現できる収益不動産があります。
新築時のような高い家賃収入や利回りを得ることは難しいですが、リスクを低減しつつ不動産投資を行うなら、最適な選択肢と言えるでしょう。

新築不動産と中古物件は家賃に1~2割の開きがあることも珍しくありません。
新築の不動産は、しばらくの間差額の家賃収入を得ることが可能なものの、不動産の価値は徐々に目減りしていきます。
そして新築では無くなった時、期待できる家賃収入が減ってしまうのです。

中古物件も家賃の値下がりリスクはありますが、新築ほどの大きな変動はありません。
すでに新築の付加価値はありませんので、運用開始時から長期に渡り、安定した家賃収入が期待できます

また、中古ならではのメリットとして、初期投資額が少なくて済むという利点があります。
新築物件は購入価格のみでも非常に大きな投資額となりますが、中古物件は価格が抑えられているため、ローンの組み入れ額なども減らせます。
資金力によっては、分散投資することも難しくはないでしょう。

ただし、中古物件も当たり外れは大きく、収益不動産を探すことは困難を極めます。
もし中古の不動産を探すのであれば、優良な中古不動産を取り扱うマイランドで探してみましょう。
マイランドは中古不動産の取り扱い数が多く、様々な物件を販売しています。
安定した収益を得たい方は、マイランドで相談してみると良いでしょう。
物件に関する様々な情報も得られます。