マイランドの「グッド中古!」~仕入れの違い~

不動産を買いたい、もしくは売りたいというニーズは人それぞれで異なります。そんなあらゆるニーズに応えてくれるマイランドは、不動産のプロが厳選された中古物件を探すことが可能です。マイランドの「グッド中古」は他の不動産会社とは仕入れに違いがあるようですが、どう違うのでしょうか。

自社で仕入れた中古物件を提供

一般的な中古不動産市場の場合、個人が所有している物件をそのまま、仲介会社が購入希望者の仲介に入って取引されています。そうなると、中古不動産を購入された方は、メンテナンスなど購入後に関する相談をしたくても、仲介会社に相談してもいいのか不安になるようです。

一方、マイランドは個人売主と買主のマッチングではなく、自社で仕入れた中古物件と取り扱っています。なので、購入の相談はもちろん、購入後に関する不安や疑問に関しても責任を持ってサポートしてくれるのです。仲介会社の場合は取り扱っている中古物件のチェックが不十分なケースも少なくなく、そのような会社にあたると、購入後に相談しても悩みが解決しない可能性があります。

その点、マイランドは仕入れた物件は細かく状態をチェックし、把握できているので幅広い相談に対応できるというわけです。中古物件は新築よりも安く手に入れられるメリットがある一方、中古だから考えられる得メリットや不安もたくさんあります。お客様が安心して中古物件を購入できるように、細かく説明をしてくれるので、買主も納得した上で自分にぴったりな中古物件を購入できることがマイランドの強みでしょう。

仕入れは不動産のプロが行っている

マイランドは本社がある東京をはじめ、全国各地の支店があり、不動産のプロが約150人配置されています。不動産のプロというと不動産の目利きができる人をイメージしますが、マイランドではそれだけではなく、エリアをよく熟知している人をプロと認識しているようです。地域を熟知しているプロだからこそ、その土地の情報をいち早く手に入れ、仕入れに活用されています。手間のかかる作業ですが、現地に訪れて自分の目で不動産をチェックすることが、お客様に自信と責任を持って「グッド中古」を提供する上での近道と考えているのです。

中古物件を探す上で仲介会社は便利ですが、あくまでも仲介がメインなので購入後の相談は対応できない場合もあります。その点、マイランドは住宅の目利きや地元に詳しいプロが選んだ物件を自社で仕入れているので、購入前後のフォローにも自信があるのです。中古物件の購入では何かと不安や疑問が多いので、納得した上で購入したいのであればマイランドで探してみてはいかがでしょうか。