失敗しない不動産投資とは?

不動産投資の人気が高まっています。その魅力は何といっても、長期にわたって安定的に高い利回りを期待できること。しかし、不動産経営はあまり素人にとってなじみがあるものではありません。興味があっても、なかなか一歩踏み出せない人も多いのではないでしょうか。

そこでぜひ知っておいてほしいのが、以下の4つのポイントです。これさえ押さえておけば、はじめての不動産投資でも大きく失敗することは避けられるでしょう。

1.「不動産についての最低限の知識」を身につける

基本的に、不動産投資会社に依頼すれば購入から管理までまかせられるので、一から十まで知る必要はありません。とはいえ、資金さえ用意してあとはすべて他人まかせという姿勢では、やはり失敗するケースも増えてきます。不動産投資は、ほかの投資のように簡単に次から次へと売買することはできません。そのため、最初にどのような物件を押さえるか、が成功の最大のポイントとなるのです。

それを最後に決めるのは自分です。そこである程度の知識を持っていれば、かならず良い決断につながるでしょう。少なくとも、不動産取引の基礎や不動産業界の慣習、そして今どのような不動産にニーズがあるのかといったマーケティングを押さえておけば、役にたつはずです。書籍やインターネットで調べられる程度で十分なので、ぜひ目を通しておきましょう。

2. 不動産投資会社の選び方

次に、物件を選ぶさいにポイントとなるのが「不動産投資会社の選び方」です。たとえば中古物件の場合、購入してはじめてリフォームの必要があると分かったり、なかには入居者がいないのにいると騙す悪徳業者などもいます。

ほかにも、表面利回りと実質利回りをあえて混同するような宣伝など、額面おりに受け取ると、まったく利益が出ないことも起こりえます。結局は、良い不動産投資会社を選ぶことが良い物件選びにつながるのです。

とにかく物件を売ろうとするのではなく、顧客の資産状況や希望条件をしっかり考えて、将来設計もふくめたプランを提案してくれる業者を選びましょう。

3. リスクに触れる

リスクについて、きちんと触れてくれるかも重要です。それに対し、どのようなアフターフォローや保証があるのか。できれば、物件選びから建設、運営まで一貫してサポートしてくれる体制を持った会社を選ぶとよいでしょう。

4. 不動産経営をうまく行う

これに関連して大事なポイントが「不動産経営をうまく行う」ことです。物件選びで多くが決まる不動産投資ですが、だからといって購入したらそれで終わりではありません。その後の運営をしっかり行わなければ、得られるはずの収益も失ってしまう結果になります。

不動産を運用するということは、同時に経営を行うという意味でもあります。空室はそのまま損失になるので、つねに減らす努力をする。入居者の住み心地がよくなるように、メンテナンスやクレームの処理も重要。また、家賃の集金や滞納への対応なども収益に関わってきます。管理会社を見きわめるときは、それらのケアをしっかり行ってくれるかチェックしましょう。

また、いくら良い管理会社でも、やはりすべてを他人まかせにするのはよくありません。定期的に自分の目でチェックを行い、そのための定期的な連絡や報告を行ってくれる会社を選ぶとよいでしょう。

まとめ

このように、不動産投資を行うには「長期的な視野を持つこと」がとても大切です。FXや株のデイトレーダーのように、売り抜けて利益を稼ぐ性質のものではありません。そのようにハイリスク・ハイリターンを狙った不動産投資は、まずうまくいくことはないでしょう。

あくまで投機ではなく、長期的に安定した資産運用だと考えてください。この4つのポイントさえしっかり踏まえておけば、不動産投資で成功する確率はかなり高くなるはずです。