仲介と買取の違いについて

リフォーム済みの中古マンションにはメリットがあります。既にリフォームが行われていますので、綺麗な中古マンションが購入しやすいのです。
既にマンションの購入価格のなかにリフォーム費用が含まれた状態で販売されていますので、リフォーム費用をマンション購入のための住宅ローンで賄うことができるのです。

そのようなメリットがあるリフォーム済みの中古マンションですが、一方でデメリットもあります。リフォーム済み中古マンションは既にリフォームされている物件ですので、
購入者がリフォームの工事途中を見ていないということもあり、リフォーム工事中に新たに発見された瑕疵が補修されているかという点は確認できないということにもなるのです。
この点はリフォーム済みの中古マンションを購入しようとする上で最も大きなデメリットと言われているのです。

リフォームしていく過程において、瑕疵・著しい劣化などといった新たな問題が見つかることがあります。その補修をするために追加で工事が必要となる場合もあるのです。
追加工事費用が発生すると、中古物件を購入した上で、自分でリフォームをする必要が出てくるのです。
物件購入の上、リフォームをしなければならないということになると、物件購入とリフォームの2重のローンがかかってしまいます。そのため、リフォーム済みの物件を購入するのと、
購入後にリフォームをするのではローンの差がはっきり言って違いますよね。リフォームを自分でする場合、物件を購入する側としては辛いといえます。

マイランドはそのような悩みを解決するため、リフォーム済の物件が数多く用意されています。そのため、物件購入ローンだけですむため、毎月のローンの負担もより少なくなるのです。
マイランドの物件を選んだことで、賃貸住宅に住んでいたころよりも毎月の負担額が少なくなったという人もたくさんいるのです。そして、負担が軽くなった分、余ったお金を好きな内装に使って、
インテリアを充実させてみたり、ソファをワンランク上の上質なソファにするということができます。また、旅行に使ったり、趣味などに使ったりできます。

つまり、リフォームが必要な物件を購入してローンを二重で支払うよりも、プロが整えたリフォームの必要のないマイランドの物件を選んで、リフォームフリーにする方が購入者としてのメリットが大きいといえるのです。
できるだけ負担を減らして、いい状態のマンションに長く住むということを考えると、追加工事の必要がないマイランドの物件はとてもおすすめです。