トラスティーパートナーズ株式会社についての詳細

トラスディーパートナーズは、資産運用のための不動産を提案・販売している会社です。主に、ワンルームマンションを販売し、安定した老後対策や、相続税対策などを低愛んしています。

トラスティーパートナーズの関野代表は、売り上げを伸ばすことだけに重きを置く不動産業界の営業方法に疑問を感じていました。
前職で、不動産会社で働いていた時は、「とにかく売れ!」という指示に従っていたそうです。
しかし、2013年に会社を設立する際には、お客様との信頼関係を重視した仕事をしたいと考えていました。そういった考えが、社名にも反映されています。

トラスディーパートナーズは、4つの事業から構成されています。アセットマネジメント事業は、お客様の人生設計のサポートをすべく、安定した収益を見込める不動産を紹介。PRマーケティング事業は、
インターネットの力を活用し、全国の不動投資に関心を寄せている顧客に対して的確なアプローチをしていくネット集客の事業となります。

そして、NHK受信契約推進事業は、公共性の高いビジネスを通して、ビジネスマンとしての姿勢、教養を仕事を通して得ることで、
将来のアセットマネジメントに従事するビジネスマンを養成したいという思いから立ち上げた、
と代表は述べています。パートナーセルス事業は、販売代理店に対してセミナーなどを通してサポートする事業を行っています。

トラスディーパートナーズの強みは、社員です。常に行動を共にしている社員を大切にするということが、
顧客満足にも繋がっているとの考えで、社員が働きやすい環境作りを心掛けています。
更には、お客様からの紹介を受ける独自のノウハウを構築していることと、自社メディアを持っていることで、
お客様との多くの出会いを勝ち取ることができているのがトラスディーパートナーズの強みになっています。

関野代表が求めている社員像は、6つあります。

1.ストイックで愚直に真っすぐ、何か一つのことに取り組んできたことがある人。

2.野心家であること。

3.謙虚で且つ素直に物事を見れる。

4.能動的で自分から自分の働く環境を作っていける。

5.リーダーシップを取った経験がある

6.明るく元気にハキハキ

人生設計ということに関して、現在の日本は金融教育が非常に乏しいという現状にあります。
フィナンシャルリテラシーが乏しい現状の中で、出会ったお客様には笑顔ある未来を送ってもらいたいとトラスディーパートナーズは考えています。